八尾市立図書館

文字の大きさ

HOME > 利用案内 > 図書館について > 八尾図書館 > 行事案内 > 行事報告


行事報告 春休みの人形劇(平成30年3月17日)
八尾図書館開館40周年記念行事
「百人一首の世界を楽しもう」(平成30年2月3日)
八尾図書館開館40周年記念行事
ビブリオバトル中学生大会in八尾図書館(平成30年1月20日)
八尾図書館開館40周年記念行事
「バロックコンサート」(平成30年1月13日)
ぬいぐるみおとまり会(平成29年12月16日~17日)
八尾図書館開館40周年記念
結婚40周年お祝い記念撮影会(平成29年11月30日)
高野山の歴史と信仰~世界遺産の魅力をさぐる(平成29年11月18日)
おじいちゃんが語る戦争のはなし(平成29年8月19日)
八尾図書館では100万人目の来館者を迎えました(平成29年8月11日)
人形劇「ホネホネまじょとかわいいサーシャ」
「にじいろのさかな」(平成29年8月5日)
こどもおえかきワークショップ 童画家・德治昭さんと
フィンガーペイントでらいおんサンをかこう!(平成29年1月28日)
 
人形劇「3びきのこぶた」「三びきのかわいいおおかみ」ほか(平成28年8月20日)

行事報告

◆春休みの人形劇

 2018年3月17日(土)午前10時30分から11時30分まで、八尾人形劇連絡会所属・人形げきくれよんによる
 人形劇『金のおの』『へびのかんごふさん』がありました。
 へびのかんごふさんがゾウの中に入りこむのがこわくて泣いた子、楽しすぎて舞台裏に入ってしまった子などいて、
 にぎやかなひとときでした。

  

 



◆百人一首の世界を楽しもう

 2018年2月3日(土)に、八尾図書館開館40周年記念行事「百人一首の世界を楽しもう」を開催しました。
 百人一首の成り立ちと「ちはやふる」の歌でおなじみの在原業平と八尾とのつながりについて、
 坂上弘子氏にお話ししてもらいました。
 
 
 競技かるたパフォーマンスでは、大阪教育大学 かるた会にご協力いただき、競技かるたの簡単な説明を交えながら、
 競技かるたの実演を間近で体験しました。読み手の響き渡る声に、素早く反応する取り手の動きに、大人も子どもも
 圧倒されました。最後に参加者全員でかるた取りをしました。

 



◆八尾図書館開館40周年記念行事「ビブリオバトル中学生大会in八尾図書館」

 開館40周年記念行事として、去る2018年1月20日(土)に「ビブリオバトル中学生大会in八尾図書館」を開催しました。
 ビブリオバトルとは、読んで面白いと思った本の魅力を、1人5分間ずつ発表し、「どの本が読みたくなったか?」を
 基準とした投票を行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする書評合戦です。

 当日、バトルに参加したのは、中学1年生2名と、2年生3名の合計5名。
 観戦者が見守る中、やや緊張しながらも、思い思いに熱弁を奮う発表者たち。
 発表後の質疑応答では、もう少し説明してほしいことや疑問点などについて質問がありました。
 それでも発表者からは「もっと話したかったのに、言いたいことが言えなかった!」と残念そうな声が多く挙がりました。

 投票の結果、一番読みたくなった本“チャンプ本”に選ばれたのは・・・
       ジュール・ヴェルヌの『十五少年漂流記』でした!
 チャンプを獲得した川辺くんは、お父さんの薦めで読んだ初めての長編小説ということもあり、
 「家に帰ったら、家族に報告します」と嬉しそうに話してくれました。

 発表された本・発表者
 ①『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』 青山 剛昌/原作  馮さん(中学1年生)
 ②『エルマーのぼうけん』 ルース・スタイルス「・ガネット/さく  奥村くん(中学2年生)
 ③『小説君の名は。』 新海 誠/著  石田くん(中学2年生)
 ④『十五少年漂流記』 ジュール・ヴェルヌ/著  川辺くん(中学2年生)
 ⑤『かがみの孤城』 辻村 深月/著  大塚さん(中学1年生)
                                ※発表順はくじ引きによる
 【発表者の皆さん】
 



◆八尾図書館開館40周年記念行事「バロックコンサート」

 2018年1月13日(土)、八尾図書館開館40周年記念行事「バロックコンサート」を、
 八尾図書館の閉館後の午後7時30分~8時30分に開催しました。
 八尾図書館2階の限られたスペースのため、定員60人ではありましたが、
 “そう楽舎” の御三人によるバロックオーボエとリコーダー、チェンバロ、笙(しょう)による演奏を
 楽しんでいただくことができました。

 

 



◆ぬいぐるみおとまり会

 2017年12月16日(土)に、八尾図書館に、お子さまが大事にされているぬいぐるみたちが
  “おとまり会” に来てくれました。
 お子さまとぬいぐるみでいっしょに八尾図書館に来ていただき、いっしょにおはなし会をしたあと、
 ぬいぐるみを八尾図書館にあずけてもらいました。
 ぬいぐるみたちは、八尾図書館が閉まったあとに、図書館の中を探検したり、
 お子さまに読んでほしい本を探したりしていました。

 

 

  “おとまり会” が終わった 12月17日(日)に、お子さまにぬいぐるみのおむかえにきてもらい、
 お子さまには、この3枚の写真を含む “おとまり会” の写真のアルバムのプレゼントと、
 ぬいぐるみが選んでくれた絵本を借りてもらいました。



八尾図書館開館40周年記念  結婚40周年お祝い記念撮影会

 開館40周年にちなみ、昭和52~53年にご結婚されたご夫婦を公募。

 抽選で選ばれた八尾市在住のご夫婦2組が、平成29年11月30日(木)に八尾図書館内での撮影に臨まれました。

 
 1組目は泉健治さん・登喜子さんご夫婦。撮影日がなんと結婚記念日で、「運命を感じて」のご応募でした。


 

 


 2組目は嶋田信一さん・郁子さんご夫婦。
 中学時代に文通を始め、ご出身が北海道と大阪という遠距離でしたが、見事ご縁を結ばれました。


 

 

 いずれのご夫婦も大変仲睦まじく、楽しいお話をたくさん伺いました。
 図書館内での記念撮影は初めての試みでしたが、おかげさまで素敵な写真が完成しました。
 ご応募いただき、ありがとうございました。




◆高野山の歴史と信仰~世界遺産の魅力をさぐる

 2017年11月18日(土)に、講演会「高野山の歴史と信仰~世界遺産の魅力をさぐる」を開催しました。
 講師は、高野山大学文学部密教学科の櫻木潤助教です。
 70名以上の参加者を前に、スクリーンに多彩な画像を映しながら、弘法大師空海と密教の歴史、世界中から
 観光客が訪れる理由、未来に向けた「高野山アーカイブ」プロジェクトなどを解説しました。





◆おじいちゃんが語る戦争のはなし

 2017年8月19日(土)に、八尾市在住の岡部啓さん(92才)に、幼年期から大学時代までを戦争と関連づけながら
 貴重な体験を語っていただきました。
 おはなしの最後に、これからを生きる子どもたちにメッセージをいただきました。





◆八尾図書館では100万人目の来館者を迎えました

 2017年8月11日に、八尾図書館ではリニューアルオープンしてから100万人目の来館者をお迎えすることができました。
 100万人目の来館者は、小学4年生の小林真歩さんです。記念に、来館100万人目の認定証と花束を贈呈しました。
 平成26年4月30日に移転し、リニューアルオープンした八尾図書館では、多くの方々にご利用いただき、心からお礼申し上げます。
 これからもみなさまに親しまれる図書館となるよう、さまざまな取り組みを行いますので、引続きよろしくお願いいたします。


認定証を贈呈しました                 平野副市長、吉川教育次長、田中生涯学習担当部長とともに


ご両親、いとこのなっちゃんとともに          図書館入口にて


◆にんぎょうげき「ホネホネまじょとかわいいサーシャ」「にじいろのさかな」

 2017年8月5日(土)に、八尾人形劇連絡会所属の わかごぼう さんと わ・わ・わ さんに公演をしていただきました。
 人形劇のほかにも楽しいお話や歌もあり、さいごには人形をさわらせてもらいました。
 パパやママと一緒にたくさんのちびっこが来てくれました。









◆こどもお絵かきワークショップ 童画家・德治昭さんとフィンガーペイントでらいおんサンをかこう!

 平成29年1月28日(土)に、童画家の德治昭さんと小学生19人がいっしょにらいおんサンをかきました。
 作品は八尾図書館1階児童コーナーの窓に展示しています。









◆にんぎょうげき「3びきのこぶた」「三びきのかわいいおおかみ」

 2016年8月20日(土)に、はっぴいママさんとわかごぼうさんに公演をしていただきました。











ページの先頭へ