八尾市立図書館

文字の大きさ

HOME > デジタルアーカイブ > 河内木綿

河内木綿

江戸時代から明治時代にかけて、河内地方で広く栽培されていた綿から手紡ぎ、手織りされた綿布は、山根木綿(高安山麓)、久宝寺木綿、三宅木綿(松原市)などの名で知られていました。これらを総称して「河内木綿」といいます。

河内地方では、16世紀末頃から綿作が行われていたようですが、その生産が飛躍的に伸びたのは、1704年の大和川付け替え以後のことです。旧川床を利用した畑は、砂地で水はけがよく、綿栽培に最適だったためです。当時の綿は繊維が短く、従って糸が太いため、織りあげた布地も厚くて耐久性にすぐれていました。庶民の普段着のほか、のれん、のぼり、蒲団地、酒袋などに利用され、全国各地で愛用されました。

しかし、明治に入り、機械化による安価な紡績糸や化学染料が出回り始め、輸入綿の関税が撤廃されると次第に姿を消していきました。

長い間忘れ去られ、まぼろしとまでいわれた河内木綿ですが、近年、河内木綿を愛する多くの人々の手によってその技術が復元・継承されています。2003年、ロシア国立エルミタージュ美術館で「河内木綿特別展」が開催されました。NPO法人河内木綿藍染保存会が中心となって復元した作品や、八尾市の旧家に残されていた資料などが展示され、訪れた多くの人々を魅了しました。河内木綿は、郷土の誇る伝統工芸として新たな脚光をあびているのです。


[綿の実]
写真・綿の実

◆資料(書名のアイウエオ順)

書名 著者(編者) 出版者(出版社) 出版年
日本農書全集 第8巻(家業伝) 木下清左衛門 農山漁村文化協会 1978
河内型絵-河内木綿と藍染 村西徳子 徳子工房 1994
河内の手織機 八尾市立歴史民俗資料館 八尾市教育委員会 2001
河内木綿-文様と藍染の美 村西徳子 藍工房村西 2009
河内木綿-歴史と資料 八尾市文化財調査研究会 八尾市文化財調査研究会 2007
河内木綿を語るシンポジウム 八尾市郷土文化推進協議会 八尾市 2001
「河内木綿親と子の体験学習会」の
取り組みについて(八尾市立
歴史民俗資料館研究紀要13)
李煕連伊 八尾市立歴史民俗資料館 2002
河内木綿関係資料集1
-河内の綿作りと木綿生産
八尾市立歴史民俗資料館 八尾市教育委員会 2002
河内木綿史 武部善人 吉川弘文館 1981
河内木綿とともに生きて
-寺尾和一郎さん(河内どんこう70)
棚橋利光 八尾文化協会 2003
河内木綿と大和川 山口之夫 清文堂出版 2007
河内木綿の販路 棚橋利光 八尾市史編纂室 1982
河内木綿譜 辻合喜代太郎 西武百貨店 1981
縞帳-河内・大和- 辻合喜代太郎 八尾市史編纂室 1976
木綿 浅井一甲 工房一甲 1984
ロシア国立エルミタージュ美術館
河内木綿特別展図録
ロシア国立エルミタージュ
美術館河内木綿特別展
委員会
ロシア国立エルミタージュ
美術館河内木綿特別展
委員会
2003
ページの先頭へ