八尾市立図書館

文字の大きさ

HOME > デジタルアーカイブ > 高安城

高安城

高安城は白村江の戦いに敗れた大和朝廷が、唐・新羅連合軍の来襲に備え、天智天皇6年(667年)に築いた古代の山城です。日本書紀によると、この時期同じ目的で対馬・北九州・瀬戸内の要所にも同様の山城が築かれましたが、高安城は王城の地飛鳥を守る最後の砦(とりで)として重要な位置を占めていたようです。幸い大陸からの侵攻はなかったものの、城は34年間維持され、大宝元年(701年)、廃城となります。

以来1300年、その位置や規模もわからない"幻の城"でしたが、昭和53年4月、高安山の東方、生駒郡平群町の山中で、市民グループ「高安城を探る会」が倉庫跡と思われる礎石群を発見し大きな話題になりました。

その後、橿原考古学研究所の発掘調査の結果、この礎石建物は廃城後の奈良時代初期(730年頃)のものであることが判明します。

ではもとの高安城はどこにあるのか。奈良時代の高安城は何を意味するのか。高安城は今しばらく私たちの夢を誘う"幻の城"であるようです。


[高安城]
写真・高安城

◆資料(書名のアイウエオ順)

書名 著者(編者) 出版者(出版社) 出版年
河内地域史 総論編 村川行弘・小林博 大阪経済法科大学
出版部
1991
古代高安城論 棚橋利光 高安城を探る会 1985
高安城と河内鋳銭司(じゅぜんし)
-その謎と共通点(河内どんこう78)
佐々木宏之 やお文化協会 2006
高安城と古代山城 八尾市立歴史民俗資料館 八尾市教育委員会 1998
高安城と烽基本資料集 高安城を探る会 同左 2001
高安城の外郭線 奥田尚 2000
報道記事より見た 幻の高安城を探る 高安城を探る会 同左 2001
夢ふくらむ幻の高安城 第1集・第2集 高安城を探る会 同左 1980
ページの先頭へ