八尾市立図書館

文字の大きさ

HOME > デジタルアーカイブ > 義民・西村市郎右衛門と講(功)念仏踊り

義民・西村市郎右衛門と講(功)念仏踊り

宝永元年(1704)10月、大和川の付替え工事が完了し、旧川筋の村々は、永年の洪水禍からようやく解放されました。

ところが皮肉なことに、今度は水不足という新たな災いが、農民たちを待ち受けていたのです。なかでも、付替えで水源を断たれた平野川(了意川)流域の村々は、日照りのたびに深刻な事態に陥りました。

正徳4年(1714)、河内一円を厳しい干ばつが襲い、稲苗が枯死寸前にまでなったとき、弓削・田井中・太田など流域の二十数ヵ村は、奉行所に水路の新設を願い出ました。しかし、いっこうに幕府の許可は下りません。 弓削村の庄屋・西村市郎右衛門は、意を決し、みずからの責任で新大和川の堤防を切り、青地と井出口の二ヵ所に樋(水を引くための管)を設けました。平野川にはたちまち水が溢れ、田畑は蘇生し、村人の喜びはひとしおでした。はたして、幕府に背いたかどで市郎右衛門は捕えられ、大坂城内で獄死したといわれています。 大正5年、弓削の村人たちは、市郎右衛門の功を讃え、その事績を後世に伝えるため、顕彰碑を建立しました。これが今、JR志紀駅の南に建っている『西村市郎右衛門頌徳碑』です。

また志紀地区には、昭和の始めまで、ある素朴な踊りが伝えられていました。『講(功)念仏踊り』と呼ばれているもので、鉦(かね)や太鼓の音に合わせ、念仏を唱えながら、若い男女が輪になって踊るのだそうです。これは、市郎右衛門の死後、その徳を偲び、霊を慰めるために、村人たちが踊り始めたものだということです。 現在、志紀地区では、人々の熱意と努力により、この念仏踊りが再現され、次世代へ確実に受け継がれようとしています。

◆資料(書名のアイウエオ順)

書名 著者(編者) 出版者(出版社) 出版年
河内音頭と古念仏おどり(河内どんこう2) 西辻豊 やお文化協会 1976
河内望郷歌 佐々木幹郎 五柳書院 1989
「講念仏踊り」復活しよう
(八尾まちづくり-政策情報誌 2号・3号合併号)
 坂上弘子 八尾市民自治研究所 2005
こねんぶつおどり 山下マユミ 2004
志紀の功念仏踊(河内どんこう20) 大森靖彦 やお文化協会 1984
田井中郷土史 田井中郷土史編纂実行委員会 田井中地区連合自治会 1996
風土記 田井中周辺 堀内末一 私家版 1980
弓削村庄屋 西村市郎右衛門
(河内どんこう73)
坂上ひろこ やお文化協会 2004
ページの先頭へ