八尾市立図書館

文字の大きさ

HOME > デジタルアーカイブ > 八尾城

八尾城

八尾城は、南北朝期の八尾の土豪八尾別当顕幸の築城と伝えられています。顕幸が南朝方に帰して後は、北朝方に占拠され、その河内における重要な拠点となります。

延元2年(1337年)、南朝方の高木遠盛らは八尾城の奪還をはかり、合戦となり ますが、その折の猛攻撃で、城内の堂社・仏閣・矢倉・役所などがことごとく焼失しました。八尾城はその後も、南北朝期・室町時代を通じて、幾多の合戦の舞台や陣地となります。

イエズス会日本年報によると、戦国時代末期、八尾城は信長配下のキリシタン武将池田丹後守教正の居城であり、城下には、数多くのキリシタンが住んでいたということです。その後、教正は秀吉により美濃に移封され、城は廃城となります。

なお、八尾城の所在地については、常光寺を含む西郷から木戸にかけての地域(現本町)であったとする“西郷説”と、旧大和川に面した別宮から八尾座にかけての地域(現南本町・高美町・安中町)であったとする“八尾座説”の2説があります。西郷説は、江戸時代の兵学者山鹿素行の描いた『八尾(矢尾)城図』を、八尾座説は、「古城跡無御座候」という記載のある『西郷村差出明細書(江戸中期)』や城を想定させる小字名、堀跡とも見られる遺構の存在などを主要な論拠にしています。

◆資料(書名のアイウエオ順)

書名 著者(編者) 出版者(出版社) 出版年
大阪の戦乱と城 棚橋利光 松籟社 1993
河内-社会・文化・医療 森田康夫 和泉書院 2001
河内八尾城 前田航二郎 日本古城友の会 1982
中世八尾城の所在について(八尾市史紀要)7 辻村輝彦 八尾市史編纂室 1980
八尾座の歴史 森田康夫・辻村輝彦 安中部落史研究会 1989
八尾城を復元する(河内どんこう19) 森田康夫 やお文化協会 1983
八尾城の究明-座談会(河内どんこう13) 同上 1980
八尾城はどこに?(河内どんこう12) 森田康夫・辻村輝彦 同上 1980
ページの先頭へ